ドライヘッドマッサージ
セッションメニュー 月の裏ロゴ


レイキ・ヘッドセラピー

月のうらの、ヘッドセラピーは、心、身体、エネルギーに働きかけるヒーリングセッションです。
チャクラへアプローチする繊細なマッサージと、レイキによるエナジーヒーリングを組み合わせたセラピーです。

【料金】60分 / 8,000円


○ヘッドセラピー
ドライ00
頭は身体の大切なエネルギーセンターです。主要なチャクラ、多くの経穴経絡(ツボ、ツボの通り道)があり、ストレスや怒りを感じるとこれらの部分に緊張が蓄積され、さまざまな身体の不調となって現れます。
マッサージをすることで、エネルギーの詰まりを解消し、緊張をほぐしていきます。
頭皮のこわばりがとれ、内臓の働きが活発になり、さらに自律神経が整います。
現代病ともいえる目の疲れや、首や肩のこりがとれるほか、頭皮や顔のむくみが取れてフェイスラインがひきしまるなどの効果が期待できます。
また、肉体的効果だけではなく、気分をなだめる、ストレスを和らげるなど、リラクゼーション効果も高いものがあります。


○チャクラとアーユルヴェーダについて
チャクラ00 アーユルヴェーダは世界最古ともいわれる古代インドの医学システムです。治療の限界を越える考え方で、バランスと個人の体質の二点に重点が置かれています。世界各地の伝統医学と同様、身体には7つのエネルギーセンターがあるとされています。それをチャクラ(国により呼び方が違う)といい、このセンターを通る体内エネルギーの流れが、私たちの心と体の健康に影響を及ぼすと考えられています。

チャクラはサンスクリット語で「光の輪」「回転する渦」という意味を持ちます。
チャクラが正常に働いていれば、心も体も健康でエネルギーに満ち溢れています。脳も活性化され、やる気にあふれた日々を送ることができるでしょう。反対にチャクラが閉じてしまうと、身体の不調が続き、心理状態も不安定になり、必要以上に落ち込んだりイライラしてしまうのです。

主要なチャクラは背骨の底部から頭頂部にかけて7か所あり、必要なエネルギーを取り入れ、私たちの身体とオーラを活性化させるために、時計回りに回転しながらエネルギーの「受け入れと送り出し」をしています。
このエネルギーが停滞したり悪くなると、精神、肉体、感情に大きな影響を与え、活力の低下、病の原因になるといわれています。

第1チャクラ(尾てい骨、骨盤底)と第7チャクラ(頭頂)はエネルギーの主要な流れを支えています。
それ以外のチャクラは身体の前と後ろで対になっており、またそれぞれのチャクラは肉体的、感情的、そして精神的な意味がそれぞれあります。そして、チャクラは単独で機能しているわけではなく、ひとつが弱ると他のチャクラも次々と影響を受け、それが最終的には頭へとらせん状に上がっていき、ストレスや緊張を引き起こします。ですから、上部のチャクラに働きかけることによって、エネルギーを全身に行きわたらせ、体内バランスを取り戻すことができるのです。


Copyright(C) 2019 Tamayura-Moon. All rights reserved.